Home > Trial and Error/活動する学生たち > ゴジカラ村 夏休み 子どもたちの外出サポート
ゴジカラ村 夏休み 子どもたちの外出サポート


ゴジカラ村 夏休み 子どもたちの外出サポート

2015年8月18日

長久手市にある「社会福祉法人愛知たいようの杜」の一角にある、築200年の古民家で、学童保育が行われています。
その子どもたちと一緒に、おもちゃなどで遊んだり、近くの公園で遊具や水遊びなどを楽しみました。

本文:ゴジカラ村

最初は、たくさんの子どもたちと遊ぶのに少し緊張しました。でも、子ども達と遊んでいくうちに、緊張は無くなり、私まで楽しんで遊んでしまいました。
子どもたちも最初は、人見知りなどしてましたが、だんだん慣れてきて甘えてくる仕草をしてきて、とても可愛かったです。
また、ボランティアに参加したいです。

(文責)
メディアプロデュース学部メディアプロデュース学科2年
赤尾 芽生

編集: 大塚 CCCセンター長

東京下町生まれ、犬山在住の47歳。 星が丘でマーケティングの先生をしています。 ビジネス系の学部にいるけど、「効率を重視する生き方」は嫌いです。 「走ること」と「ジュビロを追いかけること」が大好き。 ヤマハスタジアム磐田にも高頻度で出没しています。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。 必須項目を示すマークは * です。

*

Scroll To Top