Home > Trial and Error/活動する学生たち > 長久手市市内一斉防災訓練ブース出展
長久手市市内一斉防災訓練ブース出展


長久手市市内一斉防災訓練ブース出展

2016年12月8日

11月20日(日)、長久手市で市内一斉防災訓練がありました。

6校区それぞれの小学校にて校庭や体育館を使用し各地域団体がブースを出展します。

愛知淑徳大学は市が洞小学校担当。避難訓練を終えた地域住民の方々を対象にした防災ワークショップを実施しました。

今回参加した学生は長久手・星が丘両キャンパス合わせて13人。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月から各キャンパスで企画を考え、準備し、当日を迎えました。

長久手キャンパスはKYNチェッククイズ。市が洞小学校付近をマップ化し、if形式でクイズをしながら避難ルートや安全確保について知ってもらう企画。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

星が丘キャンパスは防災カルタ。あ行からわ行まで分担して文章を考え、絵を考えた学生手作りのカルタでカルタ大会を実施。

img_5125

両キャンパス合同企画として、昨年も学生スタッフが考案してくれた「避難袋を実際に作ってみよう!」を今年も実施しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すべての企画に、主に親子の方々が大勢参加してくれ大盛況でした。

また、2人の留学生が当日ボランティアとして参加してくれました。異国での緊急事態に備えることの大切さを知ってもらえたのではないかと思います。

 

☆参加学生の感想☆

ボランティア自体が初めての体験だったのでとても勉強になりました。

当日は日曜日の朝にも関わらず、たくさんの人が集まったので、防災意識が高い人は多いと思いました。

僕自身も活動を通して防災意識が高まりました。

また、今回のメンバーと一緒に新しい防災学生団体を作ることになったので今回の経験を活かしてがんばりたいと思います。

※文責 ビジネス学部1年 宇野拓海

 

おまけ

シェイクアウト訓練もしっかりやってきました!

(文責)星が丘CCCスタッフ 今井

 

 

 

編集: imai_CCC

和歌山県串本町出身。大学時代は水泳部に所属、まちづくり学生団体、防災学生団体などなど活発に活動していました。今は少しまったりと生きております。「関西の方ですか?」記録更新中。

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。 必須項目を示すマークは * です。

*

Scroll To Top