Home > Trial and Error/活動する学生たち > 認知症の人と一緒に!誰もが安心して暮らせるまちづくりを考えよう
認知症の人と一緒に!誰もが安心して暮らせるまちづくりを考えよう


認知症の人と一緒に!誰もが安心して暮らせるまちづくりを考えよう

2016年6月30日

鶴舞公園内にある茶室「鶴鶴亭」での活動に、5名の学生が参加しました。認知症のご本人や家族のみなさん(16組・27名)と一緒に、抹茶をいただいたり紫陽花(アジサイ)を見ながら公園散策をしたりして、あっという間の2時間でした。

13584879_485165721677306_518494709587963715_o

認知症の人と直接交流することで、学生は認知症に対するマイナスイメージをなくす機会になるし、同時に福祉専門職のみなさんとの交流は将来にとっての貴重な気づきになったと思います(社会福祉士を目指すコースが大学にはあります)。参加したビジネス学部1年の学生は、振り返りのなかで「私は福祉系の学部ではないから『できることはあまりないかな』と思っていたけど、認知症のご本人から買い物の際にレジでの支払い(計算)にどうしても時間がかかってしまうといった話を聞いて、そういった場面で何かできることがあるのではないかと感じた」という感想を話してくれました。

13502804_485165815010630_8512334634928895094_o

次回の活動は、7月23日(土)13時30分からです。

【写真提供】あゆみの会

編集: Kanajihiroshi

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。 必須項目を示すマークは * です。

*

Scroll To Top